【心理学】 3つの価値観。「付き合う」の意味。

「あの人とは価値観が合わない」

「世界観のあうひとと結婚したい」

みないなことは思うけど、その「価値観」「世界観」ってなにか?
自分や相手の価値観を知るといいよ~という話。

「私は○○である」 (自己概念)
「世の中の人々は○○である」 (世界像)
「私は○○であらねばならない」 (自己理想)
性格の根っこには、この3つの価値観がある

アルフレッド・アドラー

3つに分類して整理してもらえるとわかりやすい。

この3つの価値観が性格といわれ、それをアドラー心理学では「ライフスタイル」と呼ぶ。
だから性格は変えられる、と。
思い込みを替えると一瞬で世界が変わる

 

 

自分が考えていた価値観の定義は

「何に価値があると思っているか」

です。逆に言うと

「何に価値が無いと思っているか」

からも、その人の世界観が観えてきます。どんなことに文句を言っているかな~と観察する。

 

アドラーは「自分が思う自分」「自分が思う世界」ともう一つ「自分はこうあるべき」という理想、信念のようなものも分類して考えたようです。詳しくは読んでませんサーセン(笑)

この3つは各自がつねに自分で明確にしておいたほうがいい。

自分を観察したり、友人から聞いたりして、ブラッシュアップしていく。

自分で自分の価値観を知っていれば、

  • 相手に自分の価値観を伝えられる

  • すると相手の価値観も教えてもらえる

 

ちなみに、恋愛で「付き合ってます」というのはこの「価値観の共有」のことだと考えます。

ただ一緒に遊ぶだけじゃなくて、一緒に同じ体験をして、それぞれがどう感じたか?を話し合うことで、お互い何に価値を置いているかが分かり合えるわけです。

「ちゃんと付き合っている」なら、お互いの理解が深まり、盛り上がって結婚してからアレ?というこごがない。パートナー選びはちゃんとやりましょう。

好きな趣味も違う、顔もそんなに好みじゃない、だけど価値観がしっくりくる…ウ~ム

面食いの自分は、そういう人と結婚して正解でした(笑)

何の話だったっけ…

 

スピ的な深掘り

スピリチュアル的に考えると、

出会いは縁であり、今生の学ぶべきテーマにそって相手が決まるんじゃないかと思うので、結婚後にそういう価値観共有という勉強をしていく場合もあるでしょうね~

性格(ライフスタイル)は今生のテーマにそって自分で選んだ仮の人格(オーバーリーフ)であり、それは身体性によってコントロールされていると観じます(脳科学)。

怒りっぽい身体(脳)とか、すぐ悩んじゃう身体(脳)とかに魂が憑依している。その性格の長短によって、そこからでしか体験できないことを勉強するために、わざわざ人間界にきたのがあなたですよと。

この世のすべては幻想(方便)なので、真剣に、でも深刻にならず、楽しく苦しもう!

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中