何度も同じ苦しみに遭うことは、自分が悪いわけじゃない。気づけばいいだけ。

自分を責めるのは、ただ元気がなくなるだけで、状況がよくなるわけじゃなさそう。

 

「私は悪くない。私は、自分のできる限り、頑張って仕事をして生きている。意地悪されるのは、私が悪いからじゃない。」ということに気がつくと、状況はどんどん変わって行きます。

ハイブリッド脳ライフシフトコンサルタント
中島 未来

こういうことを学ぶというテーマを持っている人が
気付くまで何度も同じ目に遭うのか。


ということは、
「どこへ行ってもイジメられる」ということは
「あなたは素晴らしいんですよ」という
神仏からの慈悲のメッセージが
来まくっているということになる。

「同じ目に何度も遭う」ことを

 

「因縁」といったりするけど、

因縁は悪い意味ではなくて、

やはりそれは、「神仏からの慈悲」でしかないわけだ。

 

神仏はこの「わたし」の「肉体」や「精神」という「仮の姿」には興味なくて、宿っている本体の「たましい」の成長だけを願っている

だから、普通の目で見ると世の中は

「矛盾して不公平な世界」としかみえない(一切皆苦)

のだな~と。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中